優光泉でのファスティングダイエット♪成功させるための注意点

 

 

「卵をたくさん食べると、
コレステロールが高くなるから、体によくないんだろうなぁ?!」

 

 

「コレステロールが高くなると心臓に負担がかかるから、
コレステロールを高くするような食事は避けた方がいいよね?!」

 

 

あなたはこんな風に、
コレステロールについて悩んでいませんか?!

 

 

体内のコレステロールは、8割が肝臓で作られていて、
残りの2割が食事からの摂取ですから、食事からのコレステロールが
増えたところで、体にとってはそれほどの影響はありません。

 

 

むしろ、食品から得られるコレステロールが増えれば、
肝臓で合成する手間がはぶけ、それだけ肝臓の負担が軽くなります。

 

 

逆に足りなくなれば、コレステロール合成のために
肝臓がフル回転しなければなりませんので、コレステロールは、
十分すぎるくらい摂ったほうがいいのです。

 

 

卵は糖質をほとんど含まず、良質なタンパク質がとても豊富で、
必須アミノ酸をすべて含んでいる完全食と言える食品。

 

 

ですから、安心して食べて大丈夫なのです。

 

 

実は、コレステロールが悪いとする説が根拠としている実験は、
なんと100年も前の大昔に行われたものだったのです。

 

 

1913年、ロシアの研究者がウサギに、
コレステロールの豊富な脂肪食を大量に与えるという実験を行いました。

 

 

すると、ウサギの血管に動脈硬化が見られたため、
両者には相関関係があると結論ずけたのです。

 

 

しかし、ちょっと考えてみれば誰でもわかるのですが、
この研究は最初の段階からおかしなことになっています。

 

 

なぜならウサギは、草食動物だからです。

 

 

大量の脂肪分を与えても、体が受け入れられるはずがありません。

 

 

しかもこの時、ウサギにできた動脈硬化は血管の外側で、
人間の内側にできる動脈硬化とはまったく違うといっていいものでした。

 

 

あなたはコレステロールとは、体に悪いものだと思っていませんか?!

 

 

コレステロールを悪いものと決めつけて、
一般的にコレステロールが増えると言われている、
卵やマヨネーズを食べることを避けていませんか?!

 

 

コレステロールは一つの物質で、善玉も悪玉もないのですが、
この分け方が、誤解を招く要因となりました。

 

 

あえて分けているのは、それぞれの役割が異なるからです。

 

 

善玉と悪玉の違いは、
善玉コレステロール→血管から肝臓に戻るコレステロール
悪玉コレステロール→肝臓から血管に行くコレステロール
これだけ。

 

 

簡単に言えば、
肝臓行きの船(HDL)に乗ったものが善玉コレステロールで、
血管行きの船(LDL)に乗ったものが悪玉コレステロール。

 

 

乗り込んだ船の行き先が異なっているだけで、
両者は同じ一つの物質なのです。

 

 

では、コレステロールはどんな役割をしているのでしょうか?!

 

 

その最大の働きは、細胞膜をつくることです。

 

 

人間は約60兆個の細胞でできていますが、タンパク質とともに、
その膜を構成しているのがコレステロールです。

 

 

そしてもう一つの役割は、ホルモンの原料になること。

 

 

ホルモンは体内で合成され、体を活性化する物質です。

 

 

有名なところでは、男性ホルモンや女性ホルモン、
その他には、甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンなどがあり、
これらのすべては、コレステロールでできています。

 

 

コレステロールの役割とは?!

 

 

例えば、人間が転んですり傷をつくると、
かさぶたができて自然に治癒します。

 

 

このとき、肝臓から患部に急行して、
かさぶたをつくるのも、コレステロールの役割です。

 

 

破れた皮膚から異物が混入しないように、
大急ぎで傷口をおおってくれるわけです。

 

 

細胞膜を作り、ホルモンを作り、
ケガをすると、かさぶたを作って体を守ってくれる
コレステロールは、こんなにも大切な役割を果たしているのです。

 

 

脳や神経、消化液などの原料になることだけでも、
コレステロールが人体に欠かせない
重要な物質であることが分かったと思います。

 

 

コレステロールがなければ、細胞膜もホルモンも作れないのですから、
けっして体に害を及ぼす物質などではないのです。

 

 

LDLコレステロールとHDLコレステロールの違いは、
LDLが全身に運ばれる新品であるのに対して、
H DLが使用済みの中古品だということ。

 

 

つまり、細胞膜やホルモンの材料となるのがLDLであり、
役目を終えて回収されるのがH DLというわけです。

 

 

体内のコレステロールの8割は、肝臓で作られています。

 

 

そして残りの2割が、食事からの摂取です。

 

 

肝臓に集められたH DLコレステロールは、そこで新しく再生されます。

 

 

こうしてコレステロールは、
生産→運搬→活動→回収→再生という流れを繰り返していくのです。

 

 

何だか、資源ごみのリサイクルみたいですがまさに同じです。

 

 

LDLは、全身に届く新鮮なコレステロールのことなのに、
悪玉などといったネーミングをされてしまっています。

 

 

そして残念なことに、
コレステロールは体に悪いものとして認識されてしまいました。

 

 

コレステロールは心筋梗塞の原因?!

 

 

発端は、LDLコレステロールが、
心筋梗塞の原因だと考えられていたことでした。

 

 

国民の死因の第一位が心筋梗塞であるアメリカでは、
心臓や血管関係の研究も盛んにおこなわれています。

 

 

ある時、動脈硬化を起こした血管を調べたところ、
LDLコレステロールが発見されたために、
コレステロール→動脈硬化→心筋梗塞との連想がなされたのです。

 

 

1988年アメリカは、
コレステロールの悪者説を根拠に、
新たな心筋梗塞撲滅プロジェクトを始めました。

 

 

肉類をはじめ卵や乳製品の摂取を控えさせ、
コレステロール値の高い人には低下薬を飲ませるという指導です。

 

 

その結果、
アメリカ人のコレステロール値は、
驚くほど下がり、日本人よりも低くなりました。

 

 

それなのに、
アメリカ人の心筋梗塞発症率は、
依然として高いままで、日本人の3倍もあります。

 

 

国民の体を使って行われた
この国家プロジェクトは、失敗に終わってしまったのです。

 

 

この経験から、アメリカはすでに、
コレステロール悪者説の間違いに気づき新たな説へと移行しています。

 

 

低カロリー、低コレステロールダイエットを進めても、
心筋梗塞は減らなかった。

 

 

だったら、その間に食べていた別のものに問題があるはずです。

 

 

そこで調べてみると、コレステロールを減らすために
ステーキを避けた人たちが代わりに口にしていたのは炭水化物でした。

 

 

アメリカ人は、コレステロールを控えるために、
炭水化物を食べていたのです。

 

 

国民の健康を思って行われた国家プロジェクトは、
心筋梗塞を減らさなかったばかりか、かえって肥満や糖尿病を
増やしてしまったという、残念な結果に終わっていました。

 

 

私がオススメしている優光泉でのファスティングダイエットの後の
食事は、炭水化物をなるべく食べないようにします。

 

 

そして、肉・魚・卵・豆類・乳製品を中心に食べるという方法です。

 

 

しかし、コレステロールが高くなるのを気にする人の中には、
卵は1日1個まで!と決めている人も居ると思いますが、
卵は糖質をほとんど含まず、栄養的にとても素晴らしい食品です。

 

 

肥満の原因になる栄養素はただ一つ、炭水化物しかありません。

 

 

卵を安心してたくさん食べて、
優光泉でのファスティングダイエットを成功させ、
痩せて健康な体になりましょう。

 

 

ファスティングダイエットを成功させる「優光泉」はこちらから

 

 

この頃のダイエットは

 

 

この頃のダイエットは、適当にウエイトを減らすだけで終わらず、筋力を強化してシャープな体型を作り上げることができるプロテインダイエットがスタンダードとなっています。

 

巷で話題のダイエット方法にも流行廃りがあり、昔みたいに豆腐だけ食べて痩せようとするなどの非合理的なダイエットではなく、栄養豊富なものを摂取して体を引き締めるというのが現代風です。

 

人気急上昇中の酵素ダイエットでファスティングを行う時、含有されている成分や商品価格を丹念に対比してから、どの酵素ドリンクを選ぶのが得策なのか決断しなくては失敗します。

 

海外の女優やモデルも常用していることで人気となったチアシードは、ほんのちょっとしかお腹に入れなくても空腹感を解消できることから、ダイエットを目標としている人にふさわしい食材だと期待を寄せられています。

 

短い日数でなるだけ心身に負荷をかけずに、5キロくらい確実に体重を減らせる効果抜群のダイエット方法と言いますと、酵素ダイエットが唯一の存在です。

 

体脂肪は一日二日で貯蔵された即席のものではなく、長期的な生活習慣が大きな要因となっているものなので、ダイエット方法も長年にわたり生活習慣として導入しやすいものが一番でしょう。

 

昨今注目を集めているスムージーダイエットは、3食の中から一食をスムージーに置き換えることで摂取カロリーを小さくするというダイエット法ですが、さわやかで飲みやすいので、ストレスを感じずに続けることが可能です。

 

常日頃の食事をスムージーなどのダイエット用の食材にチェンジするだけの置き換えダイエットは、つらい空腹感をたいして覚えずに済むので、長い間実行しやすい方法と言えます。

 

食事の見直しや日常的な運動だけでは減量が期待できない時に実践してみたいのが、基礎代謝アップをサポートする効果を発揮するダイエットサプリなのです。

 

EMSを効果的に利用すれば、DVD鑑賞しながらとか雑誌を読んだりしながら、更にはスマホで遊べるゲームを続けながらでも筋力を増大することができると評されています。

 

ぜい肉を減らすと同時に筋肉を増やすという手法で、一見して完璧なスッキリとした曲線美を手に入れられるのが、今ブームのプロテインダイエットです。

 

美容や健康増進に良いと言われる天然成分ラクトフェリンは、内臓脂肪を燃やす働きがあることから「ダイエットにも利用できる」ということで、購入する人が激増しているそうです。

 

カロリーが少ないダイエット食品を常備して要領よく摂るようにすれば、日頃食べすぎてしまうという人でも、日々のカロリーコントロールは比較的簡単です。

 

酵素ダイエットの場合、朝食を酵素ドリンクに置き換えるだけで完結するので、栄養が足りなくなる心配もほとんどありませんし、健康的にファスティングができるため、非常に実効性があると言えます。

 

「ぽっこりお腹の原因となる内臓脂肪の燃焼を促し、増えたBMI値を降下させる作用をするのでダイエットに最適だ」として、乳酸菌の仲間であるラクトフェリンが巷で話題をさらっています。